ブラジルW杯まで1年、カウントダウン時計登場 : サッカー : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

【リオデジャネイロ=浜砂雅一】日本が一番乗りで出場を決めたサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は12日、開幕まで1年となった。

開催都市の一つ、リオデジャネイロのコパカバーナ海岸には同日、開幕までの残り時間を刻むカウントダウン時計が設置された。

時計は緩やかなS字で5メートル大。同国の有名建築家で昨年末死去したオスカー・ニーマイヤー氏が生前にデザインした。記念式典には、「サッカーの王様」の愛称で知られる元ブラジル代表のペレ氏も参加、「すばらしいW杯へのスタートを切った」と話し、サポーターを沸かせた。

(2013年6月12日23時54分  読売新聞)

引用元: ブラジルW杯まで1年、カウントダウン時計登場 : サッカー : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

オスカー・ニーマイヤー氏は近代ブラジルの象徴のような人。自由な曲線を生かした建築は近未来的。また98歳で秘書と結婚するなど生き様もすごかったようで。


The following two tabs change content below.
1966/12/14 京都生まれ。東京都在住。 当サイトの管理全般を行っています。


コメントを残す