尾崎豊

日本のシンガーソングライター。

1983年、シングル「15の夜」とアルバム『十七歳の地図』でデビュー。

破滅的で体当たりなパフォーマンスや自己の内面を抉り出すような赤裸々な歌詞の中で、真実の愛や夢、生きることの意味を追い求め、学校や社会の不条理に立ち向かう心の叫びのようなその音楽の世界が1980年代から1990年代初頭にかけての若者を中心に多くの人から共感を呼び、カリスマ的存在となる。

1992年、あまりにも若すぎる26歳での突然の死は、当時、社会的にも大きな衝撃を与えた。死後20年を過ぎてもなお、尾崎を慕うものは絶えず、新たなファンを生んでおり、彼が遺した曲の数々は多くのアーティストにカバーされ続けている。
<ウィキペディア>



尾崎豊さんについてのコメントをお寄せ下さい。
ココカラ

youtube動画


Youtubeでもっと観る

11月29日に亡くなった人


コメントを残す