岡林 信康

「フォークの神様」の名で知られる、日本のシンガーソングライター。

フォークブーム期に京都で、反戦フォークの旗手、若者たちの教祖的存在として熱狂的に支持される。また、伝説のロックバンド・はっぴいえんどをバックに歌ったり、美空ひばりとの交流があったり。「俺らいちぬけた」を発表し、人気絶頂期に田舎へ移り住み農村生活に入る。その後、日本の民謡を追求するという方向に焦点を絞り活動。



岡林 信康さんについてのコメントをお寄せ下さい。
ココカラ

youtube動画


Youtubeでもっと観る

7月22日に亡くなった人


コメントを残す